破魔弓を贈って子どもの成長を祝おう|伝統的な贈り物

家族

出産祝いのお返しに

赤ちゃん

どんなマナーがあるのか

出産祝いをもらったら、お返しとして贈るのが出産内祝いです。出産内祝いはもらった出産祝いの半額〜3分の1の金額のものを贈るのが相場だと言われています。感謝の気持ちを表すもののため、あまり高額すぎるものは控えた方が良いとも言われています。出産後はバタバタとしてしまうため、お宮参りが行われる生後1カ月ほどの時期に贈るのが一般的ですが、それ以降に出産祝いをもらったというような場合には生後2か月頃までに贈るようにしましょう。赤ちゃんの名前のお披露目の意味もあるので、あまり遅くならないようにします。弔事などのお返しのように選ばない方が良い商品、選んだ方が良い商品というものは特にありませんが、贈る方の好みがわかっていれば喜んでもらえるでしょう。

マナーではないけれど

出産内祝いはどんなものを贈ればいいのか悩んでしまいますが、自分の好みだけで選ぶのはやめておきましょう。賞味期限が短い食べ物や赤ちゃんの名前が入ったギフトは食べるタイミングが困る、使いにくいという声もあります。特に名入れのギフトは食べ物ならば消えて無くなるので問題ないけれど、食器類など後々使うことを前提にしたものは困るという声が多くなります。また、特に高齢の方になるほどカードや挨拶状がついていないことに不満を感じる人も多いというデータもあります。出産内祝いはお母さんが子育てで忙しいことからカタログギフトやネットで注文してしまうという人も増えていますが、カードや挨拶状をつけるサービスは行われているので、それを利用するようにしましょう。